©Hirano Dental Clinic All Right Reserved.

CERAMIC CERAMIC セラミック治療 セラミック治療

HIGHER-GRADE
TREATMENT

ワンランク上の治療で
歯の健康を保ちましょう

セラミックは歯科で使用される材料の中では比較的新しく、歯と全身に優しい素材です。近年では耐久性なども向上し、歯の治療における選択肢として存在感を大きくしています。セラミックは見た目や衛生面などで金属にはない特性を備えており、虫歯の再発リスクを軽減することも可能です。お口の健康と健康寿命の延長のために、ワンランク上の治療を受けてみませんか?

セラミック治療は
こんな方におすすめです

セラミックは陶磁器の成分を歯科に応用できるように改良を重ねた素材です。開発されたばかりの頃は割れやすいというデメリットがありましたが、近年では耐久性も向上し、力のかかる奥歯にも使用できるようになりました。噛み合う歯にも優しく劣化も少ないため、虫歯などのトラブルが起こりにくいと言われています。

  • 虫歯の再発を防ぎたい方

    銀歯やプラスチックは劣化が早く、精密に治療することが難しい素材です。劣化によって歯と詰め物の間に小さな隙間ができ、虫歯が再発します。また、プラスチックや金属は汚れを引き寄せる性質があるため、汚れが溜まりやすく虫歯が再発しやすいと言われています。セラミックは精密な治療が可能で、接着剤も高性能、汚れも着きにくいため、虫歯が再発しにくくなります。

  • 見た目にこだわりたい方

    金属は独特の金属色を持ち、お口の中に銀歯があると非常に目立ちます。セラミックによる治療なら、治療した部分はほとんどわかりません。歯と同じような色で詰め物・被せ物を作ることができ、前歯などであれば、形もきれいに整えることが可能です。透明感も歯とほとんど同じで、ぱっと見ただけでは、天然歯と区別がつきません

  • 耐久性を重視したい方

    プラスチックは経年劣化によって色素が染み込んでしまい落とせなくなりますし、銀歯は金属イオンとなって唾液に溶けてしまいます。しかし、セラミックは着色もしにくく、もし汚れが付着しても、比較的簡単に落とすことができます。また劣化が少なく、変化しにくい素材で、色の変化もほとんどありません

  • 安全な素材で治療をしたい方

    虫歯治療後から口内炎がよく出るようになったり、アトピー性皮膚炎を発症した、という場合は銀歯による金属アレルギーの可能性があります。銀歯の金属は唾液に溶けてイオン化しやすく、簡単に身体に入ってしまいます。金属アレルギーがある方は、セラミックなどの金属を使用しない補綴物をおすすめしています。

ATTENTION銀歯による金属アレルギーに
注目が集まっています

保険診療で使われる銀歯に含まれるパラジウムや銀といった金属はアレルゲン(アレルギーの原因)になりやすい金属として有名です。金属アレルギーは通常の食物アレルギーと異なり、即座に発症するものではありません。長い時間をかけて蓄積された金属が、皮膚に高濃度で排出されたときに症状が表れるとされています。特にパラジウムなどは、海外には虫歯の治療にこれらの金属を使用することを禁止している国もあります。

※横にスクロールできます。

詰め物・被せ物
被せ物
ジルコニアクラウン 75,000(税別)
ジルコニアセラミック 79,800(税別)
詰め物
E-max インレー 49,800(税別)